ecaccd08.gif

勝てなくて頭がおかしくなったので邪道なポケモンを使いました

9fa37436.png
防塵@ロゼルの実
217(252)-65-172(252)-x-116(4)-100
イカサマ/羽休め/岩石封じ/蜻蛉返り

A156ミミッキュ(ロゼル)
ミミッキュZ89.4%〜105.9% (44.7%〜52.9%)
じゃれつく:
42.3%〜50.6% (21.1%〜25.3%)
影打ち:
4.6%〜5.5%

準速Zミミッキュに岩封を当てて皮剥がし+S逆転からのイカサマで倒す型です。ミミZ+じゃれをだいたい耐えるのでタイマンはだいたい勝てる上、剣舞から入ってきたらほぼ無償で突破できます。後出しでも岩封から羽で粘ってじゃれ外しか剣舞後に殴ってだいたい勝てます。ただ、この型ははっきり言ってすごく弱いです。だいたいというのも信用できる数値ではない上、後出し時にじゃれでロゼル発動からのミミZを耐えない、襷や最速に勝てない、岩封で身代わりを割れない、耐久振りを剣舞イカサマで倒せないなど問題が多すぎます。それでもこの型を使う理由は、枠の圧縮です。

ゲンガー軸の構築を使っているのでスカーフランドとスカーフテテフの対策が必要です。そこで地面とエスパーを同時に無効にできるバルジーナが便利なのですが、CSゲンとバルジではミミッキュが重く、選出枠が足りないことがよくありました。バルジは物理受けとしてはギャラとハッサムを倒してくれればよく、それ以外はクッションとして使っているのでゴツメがなくてもなんとかならないこともありません。生き残ってさえいればランドとテテフを牽制できるので、役割破壊をしても完全に役割放棄になるわけでもありません。そこでバルジに対ミミッキュ誤魔化し性能を付与することで選出枠を圧縮し、ミミッキュを見てバルジの選出を躊躇うことを減らしました。もちろんミミッキュに厚い無理のない選出ができればそうします。

ゲンガーと組む上で相手のSを下げる技の重要度は高く、ゲンガー軸は相手にSを上げられたら負けとも思っているので起点回避もできる岩封はそれなりの汎用性があります。Sを上げてくるマンダ、ギャラはバルジ自身が強いので問題ありませんが、リザ、ガモスはステロを入れても岩封がないバルジが場にいれば負けてしまいます。また、アーゴヨンに当てるとブーストと相殺し、低乱数ですがシャドボの圏内に入ります。フェローチェに当ててゲンガーで縛ることもできます。ついでにロゼルでテテフのムンフォを受けてもHPが半分残るのでまだ仕事ができます。利点を上げましたが結論としてはゴツメを持って挑発か吹き飛ばしでも入れたほうが強いという話でした。